カテゴリ:出来事( 1 )

盲導犬

昨日乗った電車の向かいの席に、盲導犬が乗っていた。ものすごくかわいいラブラドル・レトリーバーで、座席の下にもぐりこんで寝そべっていた。

連れの人はぐっすり眠っていて、犬のほうも眠たそうに目を開けたり閉じたりしていたが、その様子がなんともおかしい。

「むむ、ね、眠い。しかしここで眠っては名盲導犬の名がすた……(ここでまぶた落ちる)……ハッ! いかんいかん。耐えろ、ジョン(仮名)、耐えるんだ。むー、それにしても眠い……(むにゃむにゃ……)」

……とまあ、ほんとうにこんなことを考えていたかどうかはわかりませんが、勝手にナレーションをつけていたら、あっという間に目的地に着いてしまった。楽しかった。
[PR]
by csiumd | 2005-11-20 20:12 | 出来事