われらが歌う時

リチャード・パワーズの『われらが歌う時』。今年の個人的ベスト作品の有力候補になりそうな小説だった。上下巻合わせて1000ページを超える超大作。しかも、長いだけじゃなくて密度も相当に濃い。でも、パワーズの小説としては読みやすい部類に入るのではないだろうか。

例のごとくかなり複雑で、ひとことで説明するのは難しいのだが、物理学的な「時間」と音楽を横糸に、人種差別問題を縦糸にして織られた壮大なタペストリー、といったところ。米国に亡命してきたユダヤ人物理学者の父デイヴィッド、すばらしい歌声を持つ黒人の母ディーリア、天才的なテノール歌手となる長男のジョナ、この物語の語り手で、ピアニストとして兄の支えとなる次男のジョセフ、白人の父に反発して黒人過激派運動に身を投じる末娘のルース、という家族5人の物語だ。

この小説は、時間軸のちがう2つの物語が交互に語られる構成になっている。1つ目は、あるコンサートをきっかけにデイヴィッドとディーリアが出会い、結婚して人種差別の壁に直面する両親の物語。2つ目が、母ディーリアの死をきっかけにばらばらになっていく兄妹たちの物語。一見すると別々に進行していく2つの物語だが、過去のイメージがふと出てきたり、逆に未来のイメージが過去に忍びこんだりする。このイメージの交錯と、物理学者のデイヴィッドが語る時間の秘密や、ジョセフがたびたび言及する、どこか時間の流れにも似た音楽の構造があいまって、なんとも不思議な感覚が生まれている。

この小説の大きなテーマになっているのが、米国の人種差別問題。少し前に、バラク・オバマを猿に見立てた日本のCMが人種差別的だと騒ぎになったときには、ちょっと過剰反応ではないかと思ったのだが、とんでもなかった。この小説を読むと、過剰にならざるをえない経緯がいやというほどわかる。なにしろほんの数十年前までは、黒人と白人の結婚は州によっては窃盗よりも重罪で、白人の居住地域を黒人が歩いているだけで通報されていたのだから。あの過剰とも思える反応は、いまでもその差別が消えていないという証なのだろう。

もうひとつの大きな要素が音楽だ。私は音楽の持つ力を信じているが、そんなのは所詮きれいごとにすぎないのかもしれないと思うこともある。「同胞が食いはぐれていて、法の保護さえ得られないような状況で、どうして音楽をのうのうとやっていられるのか?」というルースの言葉は、かなりグサリとくる。それでも、ジョセフが学校の子どもたちと奏でる歌を聴くと(もちろん実際に聴こえるわけではないが)、やっぱり音楽の力を信じたい気もちになる。

人種差別という大きな問題と、音楽、そして時間が複雑に絡みあいながら、物語はある一点へ向かって進んでいく。過去と未来がつながる終幕には、比喩ではなく鳥肌がたった。いつかもういちど読み返したい。これだけの長さを再読するのはそうとう骨が折れるが、一度目とはまた違うものが見えるのではないかと思う。
[PR]
by csiumd | 2008-08-25 19:13 |
<< セルビアのナイーヴ・アート 宿屋めぐり >>